Digital Youth Blog

Digital Youth Award 決勝大会

昨年11月に始動したDigital Youth Projectが、4月12日(土)に開催されたDigital Youth Award 決勝大会でフィナーレを迎えました。

 

DYA決勝大会

 

決勝大会に進んだアプリ部門、アイデア部門のそれぞれ5個人/チームが力のこもったプレゼンを繰り広げ、最終的にグランプリと準グランプリ作品が選ばれました。

アイデア部門

グランプリ:Challenge for SHS

神奈川県立川和高等学校 3年生 小林萌恵さん

高校生による高校生のためのマーケティング企画発信・共有および、同じ志を持つ同世代の高校生と場所に関係なくつながることができ、ディスカッションができるコミュニティアプリのアイデアです。

アプリの運営資金として高校生のインサイトやリサーチデータを収集できることを対価とし、協賛企業から出資してもらうことで継続的な運営ができるというビジネスモデルが考慮されていたことが高く評価されました。

準グランプリ:shionpush

拓殖大学 1年生 吉田 圭汰さん

最近では、Skypeなどで顔を見ながら会話ができるようになったものの、遠距離恋愛でお互いに淋しい思いをするのは一緒に思い出を作ることができないからだ、という気付きから始まったアプリの企画です。

極めて個人的な思いに端を発しながらも、ビジネスモデルとして、チェーン展開されている飲食店を巻き込み、バーチャルなデートの舞台として成立させたことが高い評価を得ました。

アイデア部門のグランプリ、準グランプリに輝いた小林さんと吉田さん

アイデア部門のグランプリ、準グランプリに輝いた小林さんと吉田さん

お二人には副賞として、Impact Japanから、TED x Tokyo 2014 の運営サポートメンバーへの参加権利が与えられました。DYA決勝大会

アプリ部門

グランプリ:Spot

筑波大学 4年生 木藤 紘介さん、吉田 拓真さん

この冬のソチ五輪、まもなく始まるW杯ブラジル大会、2020年の東京五輪に刺激を受け、スポーツをしている人をITのチカラで支援したいと考えたことから生まれたWindows ストアアプリ。ギブリーとのDMTCハッカソンがきっかけとなりました。

試合を録画しながら、リアルタイムで良かった/悪かったシーンをタグ付けし、後からそのシーンだけを見直せるほか、描画の機能を用いて、ここでこうパスを出すべきだった、ここにシュートを打つべきだったというように反省会に活かすことができます。

アプリの完成度、きちんと考えられたビジネスモデル、説得力のあるプレゼンを踏まえ、学校の部活や草スポーツチームで、そして、世界中にニーズがあることが評価されました。

Spotをプレゼンする木藤さんと吉田さん

Spotをプレゼンする木藤さんと吉田さん

準グランプリ:かぞくぐるみ

鳥羽商船高等専門学校 宮村騎久也さん、Choviwatana Palinさん、濱口堅太さん、小山紗希さん

ぬいぐるみをインターフェイスにした遠隔コミュニケーションシステム。高専機構との密接な取り組みの成果として生まれました。

ぬいぐるみの内部にはロボットが組み込まれており、遠隔地からKinectを使って操作することができる、ぬいぐるみの鼻に仕込まれたカメラを通じて、操作している側がその自然な表情を受け取れるというようにディスプレイ越しよりも暖かみのあるコミュニケーションがとれます。

核家族化や高齢化という課題に対して、解決策をきちんと示していること、ユーモア溢れるプレゼンが評価されました。

かぞくぐるみをプレゼンする鳥羽商船高等専門学校のみなさん

かぞくぐるみをプレゼンする鳥羽商船高等専門学校のみなさん

アプリ部門のグランプリ、準グランプリの受賞チームは7月29日からシアトルで開催されるImagine Cup世界大会の日本代表候補としてノミネートされ、オンライン審査を通過したどちらかのチームが世界へと羽ばたきます。DYA決勝大会

当日は関係者だけでなく、一般観覧者も多く詰めかけ、その様子を見守りました。オンラインや雑誌以外にも、テレビ局からの取材も入っています。

テレビ局の取材

テレビ局の取材

応募いただいた学生のみなさん、ありがとうございました。

今年は昨年に較べ、アプリ部門、アイデア部門ともに質が上がったので、一次審査の選考では悩みに悩みまくり、決勝大会の最終審査でも審議に審議が重ねられました。運営としては、嬉しい限りです。

来年も引き続き開催するつもりです。また、お会いできることを楽しみにしています。

Digital Youth Project × KINGレポート

2/23(日)、Digital Youth ProjectとBusiness Contest KINGのコラボで「Digital Youth Project×KING ~イノベーティブなチームで社会に認められるアイデアを~」が日本マイクロソフトにて開催されました。

晴天の空のもと、11時の開会に合わせて参加者の皆さんが品川にある日本マイクロソフト本社に入ってきます。初対面で少々のぎこちなさが残る中、Digital Youth Project×KINGが開会。

前半は、日本マイクロソフトのエバンジェリストである春日井良隆氏のアプリセミナー。タブレットの現状、タブレット・パソコン・スマホの類似点や相似点を教えていただきました。「タブレットを使っているひとはいる?」「タブレットとスマホの違いって何だろう?」といった参加者への投げかけも多く、インタラクティブなセミナーとなりました。セミナー後はアイスブレイキングをかねての自己紹介。自分の失敗談を交えながらの自己紹介によって場は大盛り上がり。

昼食休憩を挟んでいよいよプランニングへ。“大学生向けのタブレットアプリの考案”をケーステーマとし、アプリを考えます。「どんな場面でタブレットを使っているだろう」「日常生活で困っていることはないだろうか?」。議論は白熱するも、アイデアが出ては致命的な欠陥が見つかりボツに。議論を繰り返す中で、納得できるプランの策定を目指します。KINGのスタッフも各チームにつき、プランニングをサポート。
DYP×KING写真2
4時間のプランニングもあっという間に終わり、いよいよプレゼンテーションへ。セミナー講師の春日井氏に加えて学生起業家の方々、3名を審査員としてお迎えし、模造紙にまとめたプランを発表します。緊張のプレゼンテーションが終わると審査員の方々が1チームずつにフィードバックをしてくださります。他者の目線が加わることで思わぬプランの穴に気づくことも。
DYP×KING写真3
最後に集合写真をぱしゃり。「自分一人では到底思い浮かばなかったプランがチームでの話し合いを通じて出てきたのが楽しかった」「短い時間でパフォーマンスが最大化されたのでモチベーションが上がった」「審査員が多く1人1人とお話出来る時間が多いのでプランを立てた甲斐があり、とてもよかった」など、たくさんのご好評を頂きました。
DYP×KING写真4

Business Contest KING

Digital Youth College×applimレポート

「なぜ」を問え!!

Digital Youth Project学生広報の木勢です。先月、1月30日に行われたapplimさんとの共催イベント「Digital Youth College ワークショップ 学ぶapplim vol.12 そのアイデアに、 「驚き」を。」に参加しました。テーマは「コンセプトメイキング」。auの『驚きを、常識に。』をはじめとする、数々のキャンペーンを手がけてきたクリエイティブ・ディレクターの志伯さんをゲストに、コンセプトのつくり方についての講演がされました。

何はともあれ、こちらのムービーをご覧ください。

GLIDER

これは、志伯さんが設立したGLIDERが手掛けるプロジェクトをまとめたダイジェストムービーです。きっとみなさんも知っているところが多いことでしょう。幅広いテーマでクリエイティビティを発揮する志伯さんから、次の2つのキーワードをテーマに具体的な事例が紹介されました。

1. コンセプトとは何か
あなたが思い浮かべるコンセプトとはなんでしょうか。概念? 欠かすことのできない軸?志伯さんはずばり、”WHY” を挙げました。理由がないと人は動かないもの。だからこそ人が最初の一歩を踏み出す“理由”がコンセプトではないかと説明していました。コンセプトの良いところは、関係者間で読後感の共有ができること。目指すべき方向に互いにブレがでないようにしていくことに魅力があります。

2.コンセプトメイキングとは何か
コンセプトメイキングは、多くの人たちに共感を呼ぶためにも、ぜったいにぶれない軸をつくることです。プロダクトインでもなく、マーケットアウトでもない。あるのは、「コンセプトオリエンテッド(コンセプト中心)」です。価値への共感、向かうべき方向性をセットすることがクリエイティブの役割だと志伯さんは指摘していました。同時に、大事なことは「発見」です。必ずしもオリジナリティを求められてはいないのです。どれほど自分に関係があるかを感じされる時代の感覚と自分自身に語りかけてくれるような物語性を含んでいることを見出せるかがポインのではと述べていました。

参加者にマイクを回しながら、コンセプトとは?コンセプトメイキングとは?と問いかけながら深堀りしていく中で、志伯さんならではの解釈を説明していただいたあと、具体的にどのように仕事として落とし込んでいるのかを、最新の事例をもとに説明していただきました。残念ながら、進行中のプロジェクトについては内容を記せませんが、リアリティのあるトークに参加者一同、息を呑んで聞き入ってしまいました。
Digital Youth College ワークショップ「学ぶapplim vol.12 そのアイデアに、「驚き」を。
これから、つねに「なぜ」を問うことを意識したいと思います。

Digital Youth Awardへの締め切りも残り3週間を切りました。ご応募お待ちしております☆

Digital Youth Project 学生広報/慶應義塾大学 木勢 翔太

Digital Youth College×Goodfind

昨年、12月20日に”次代を創るビジネスリーダーのためのキャリアサイト” Goodfind さんとのコラボ企画で「新規サービス・アプリのアイデアの考え方ワークショップ」を実施しました。

最初の1時間は「ソーシャルランチ」の開発者で現在も社長室にて新規事業を担当する福山氏による新規アイデア・サービスの考え方のレクチャー。ソーシャルランチなどを題材に思いついた背景、実サービスを構築していく過程、プロトタイピングなどが説明されました。実際に稼動しているサービスが題材なので、実践的で参加者も前のめりです。

新規サービスの考え方ワークショップ

福山氏のレクチャーを経て、「だれかをハッピーにするタブレットアプリ」をテーマとしたワークショップへ突入。

規サービスの考え方ワークショップ
マーケティングに強い学生さんが多かったせいか、検索を駆使して、タブレットユーザーの動向を調べ上げ、ターゲットを設定していきます。ディスカッションの仕方もうまく、参加者の意識の高さを感じました。

規サービスの考え方ワークショップ

とてもいいアイデアが出てきたので、ぜひこれを形にしてくださいね。

Digital Youth College #02 を開催しました

Digital Youth College #02 YouthSpark 1周年記念
アプリのアイデア発想力を学ぶ”ワークショップを開催しました!

2013年12月14日 Digital Youth College #02 YouthSpark 1周年記念 アプリのアイデア発想力を学ぶ”ワークショップを開催しました。今回のカレッジは女子学生の皆さんを対象に、東京を一望できる恵比須ガーデンプレイス38階にある会場 「Studio 38」 にて開催しました。(本イベントはこちらの動画にてご覧いただけます。)

冒頭では、日本マイクロソフト 執行役 デベロッパー & プラットフォーム統括本部長 伊藤かつら氏から、「女性の活躍が日本企業の競争力を高める原動力になる」と、女子学生たちにエールが贈られました。続いて、マイクロソフトコーポレーションで企業市民活動を推進するローリー・ハーニック氏 から、マイクロソフトがグローバルで展開する、若者の進学や雇用を促進する「Youth Spark」が紹介され、皆さんが夢をかなえるために活用してほしいというメッセージと共に、Youth Spark 1周年記念のロールケーキタワーが会場の学生に贈られました。

_DSC0214

日本マイクロソフト株式会社
執行役 デベロッパー & プラットフォーム統括本部長
伊藤 かつら 氏

SONY DSC

ジェネラルマネージャー、企業市民活動・公共政策担当
Lori Harnick (ロリー・ハーニック) 氏

続いてのセッションはMicrosoft Student Partners (MSP) による、「アプリ開発プロジェクトのご紹介」。 アプリを開発する先輩として、社会に貢献できる3つのアプリを紹介。タブレットアプリならではの機能や特長を生かしたアプリに、会場にいた記者からは、「よくできていて面白い」 とコメントがありました。これらのアプリは「Windows ストア」から無償でダウンロードできるので、ぜひ皆さんもお試しください。(ブログの最後にご紹介しています。)

MSP

MSP(左から)
京都コンピュータ学院 前納一希さん
京都コンピュータ学院 藤井大貴さん
同志社大学 今入康友さん
神戸大学 田中善之さん

後半は「アイデア発想」ワークショップの時間です。

NPO法人ハナラボ代表理事の角めぐみ氏、常務理事の浜島裕作氏、そしてシータス&ゼネラルプレスのコーポレートコミュニケーション部でCSR革新室室長の黒井理恵氏がファシリテート。

「いま私たちのまわりで実際に起きている社会問題」として、「地域の防災」「障碍者の働き方」「高齢者と医療」の課題に取り組まれる有識者の方々から現場の視点でいま何が求められているかを学びます。学生たちは、ここで気になったことをメモしてワークショップに活用します。

SONY DSC

「防災をキーワードに、つながる地域づくりを!」
山梨県総務部 防災危機管理課 総括課長補佐
城野 仁志 氏

SONY DSC

「働く力は環境次第 ―そこにある技術であらゆる人を働きやすく! 」
社会福祉法人東京コロニー 職能開発室 所長 東京都障害者IT地域支援センター センター長
堀込 真理子 氏

SONY DSC

「高齢者と医療  ~シニアと障碍のある方の楽しいデジタルライフを応援してください~」
メロウ倶楽部 幹事 NPO法人ブロードバンドスクール協会 理事
若宮 正子(マーチャン)氏

講師のプレゼンテーションで学んだことをふまえ、グループに別れて具体的な生活シーンを描きながらアイデアを出していきます。それぞれのアイデアを尊重し自分たちが取り組みたいと思う課題を決めたあと、ファシリテータや講師の方々に助言をもらいながらアプリを企画していきます。皆さん積極的に意見を交換しながら真剣に取り組んでいます。そして最後はグループごとにプレゼンテーション。女子学生ならではきめ細やかなアイデアが詰まった企画のクオリティの高さに、講師の皆さまも驚いていらっしゃいました。

_DSC0248

 _DSC0268

_DSC0294

_DSC0412

_DSC0471

今回ワークショップに参加してくださった女子学生の皆さんからは、「アイデアを発想して企画にするプロセスが楽しかった」 「ITやアプリに興味がわいてきた」 「アプリ開発してみたい」 というコメントを頂きました。Digital Youth Projectでは、アプリ開発に特化したワークショップや、作品のブラッシュアップをお手伝いするメンターシッププログラムを提供しています。 Digital Youth Award への応募に向けて活用いただきたいです。

_DSC0464

最後に、今回のワークショップで紹介された、MSPが開発したアプリをご紹介します。

日本地図パズルのダウンロードはこちら

日本地図パズル

 色カメラのダウンロードはこちら

色カメラ 

筆談パッドのダウンロードはこちら

 筆談パッド

 

 

“面白法人カヤックから「ブレスト」を学ぼう”

12/3に面白法人カヤックの技術部でエンジニアを務める瀬尾さんを講師に迎えて、ブレストのワークショップが開催されました。夜の7時からスタートして、9時に終了する「放課後ワークショップ」の第一弾です。

カヤック瀬尾氏

講師を務めていただいたカヤックの瀬尾さん

ブレストとはなにか?なにに気をつけるべきか?をアジェンダに20分の説明を受けた後に参加したメンバーでチームを組んで、”だれかをハッピーにするタブレットアプリ”を題材にブレストに取り組みます。初対面同士のメンバーでうまくいくのか?不安はあったのですが、そこはさすがカヤックさん。うまいアイスブレークで和気あいあいとブレストに突入します。

ブレストしている様子

ブレストに取り組む参加者のみなさん

ポストイット

ブレストには大中のポストイットを用意しました

1時間半のブレストを終えて、最後は発表会とフィードバックです。それにしても、最近の学生さんは論旨立てて説明するのがうまいですね。

発表中

発表も真剣です。

みなさん、それぞれに持ち帰るものがあったようです。

・人の考えをいろいろと知る機会になった。自分の考えを出すいい機会にもなった。
・ブレストは一般的に浸透してはいるが、それをやるうえでのルール、心持があることを知った。それを守ることでよりよいアイディアを出せるのだと実践を踏まえながら学べたので満足でした。
・ブレストの本質を今一度知ることができた。
・ブレストの仕方がわかってよかった。
・色々なアイデアを見ることができましたので。
・もう少しブレストの時間が欲しかった。
・カヤックさんが実際に行っているブレインストーミングができてとてもためになりました。
・おもしろいアプリアイデアができた。全然違う方向性を持った人が集まるとおもしろいです。
・ブレストがどういうものか体験できた。ざっくばらんな雰囲気で楽しい時間でした。

こんな感想もいただきました。今後の企画に反映していこうと思います。

・ノート PC、タブレット、スマートフォン、それぞれどう違うと MS もしくは開発を行っている企業が考えているのか、知りたいです。
・カヤックさんをあまり存じ上げませんでしたが、とても面白かったです。カヤックさんのブレスト、見学したいです。
・アプリ開発をしたいと思っているので、Objective-C などの開発入門をおこなっていただけたらと思いました。
・ハッカソンがやりたいです(泊りで)。
・面白法人カヤックさんのブレスト、社会人のブレスト、アプリのプレゼンというのを見学してみたいです!!
・実際にどのようなやりかたでブレストをおこなっているのか見たかった。

12月のDigital Youth College

まもなく今年も終わろうとしていますが、現在、12月のDigital Youth Collegeが3つ企画されています。

College 放課後 #01 with カヤック
面白法人カヤックから「ブレスト」を学ぼう
授業が終わったあとでも参加できる放課後シリーズの第1弾として、斬新なサービスを次々に発表してクリエイティブ業界を驚かせている面白法人カヤックによるブレストのワークショップをお届けします。
開催日:2013年12月3日 (火)
開催時間:19:00~21:00(18:30開場)
場所:日本マイクロソフト株式会社 31F セミナールームC+D
面白法人カヤック

College放課後 #02 with 楽天
楽天のAPIを知って、サービスを考えてみよう
放課後シリーズの第2弾は、楽天のAPIを知って、自分だけの新しいサービスを考えてみるアイデアソン。この9月に開催された Rakuten Student Hakcathon のショートバージョンをお届けします。
開催日:2013年12月12日 (木)
開催時間:19:00~21:30(18:30開場)
場所:日本マイクロソフト株式会社 31F セミナールームB
楽天

College #02 with ハナラボ
“アプリのアイデア発想力を学ぶ”ワークショップ ~社会貢献できるアプリ企画を考えよう~
若者の機会創出を支援するマイクロソフトの世界的な取り組み「YouthSpark」との共同で、地域の防災、障碍がある方の働き方、高齢者と医療をテーマとした「社会貢献できるアプリ」を考えるワークショップを女子限定でお届けします。

開催日:2013年12月14日 (土)
開催時間:13:00~19:00(12:30開場)
場所:恵比寿ガーデンプレイス38F Studio38
ハナラボ

それぞれに魅力的な内容です。学生のみなさん、ぜひ、お越し下さい。

Digital Youth College #01が開催されました

Digital Youth College #01 「”アプリのアイデア発想力を学ぶ” ワークショップ」が11月9日にマイクロソフト品川本社にて行われました。会場には高校生から大学生までのYouthたちがおよそ60名集まりました。

第一部の基調講演の幕を切ったのは株式会社バスキュールでプロデューサーを務めている西村 真里子さん。バスキュールでは、テクノロジーとデザインの両面からソーシャルマーケティングを支援、様々な企業とのコラボレーションを進めているそうです。実例として紹介された“Bloody tube”はテレビ東京とのコラボで生まれたインタラクティブなゲームです。参加者のみなさんも手持ちのスマートフォンでゲームに参加。血液型に分かれて、仮想の空間内を舞台に血液型同士でチームを組み、モデルの壇密さんの体の中でレースをするという独創的なコンテンツを楽しみました。

Digital Youth College バスキュールの西村さん

バスキュールの西村さん

基調講演の後半では、西村さんがモデレーターとなり、去年のDigital Youth Awardのアイデア部門に参加した菊池さんと吉田さん、一昨年のImagine Cupの日本代表で、世界2位に輝いた大川さんと赤松さん、同じく昨年のImagine Cupに出場したチェスターさんと米山さんをパネリストに招いて、パネルディスカッションが行われました。ディスカッションでは、アプリやサービスを創りだすまでのご自身の経験、国を代表して出場できるImagine Cupの魅力やDigital Youth Awardで得られる体験について語られました。言葉の一つ一つに熱が入っており、我々、聴衆は大いに勇気づけられ、濃密な時間を過ごすことができました。

Digital Youth College パネルディスカッション

パネルディスカッション

続いて行われたのは、日本マイクロソフト株式会社で最高技術責任者を務める加治佐さんからの「マイクロソフトが考えるテクノロジーの未来」についての講演でした。中でも、目を惹いたのがKinectの事例です。加治佐さんが実物を見せながら、医療や教育の現場で使われる様子を動画で紹介する様子に一同は釘付けでした。目や耳に該当する感覚器官としてのKinectは、未来の技術が人間とどのように協働していくのか?その一端に触れることができたように思えます。

Digital Youth College 日本マイクロソフトの加治佐さん

日本マイクロソフトの加治佐さん

そして、第2部に移り、今回のメインテーマである「アイデア発想ワークショップ」が株式会社インタレスト・マーケティングでチーフディレクターを務める伊勢さんのモデレートで始まりました。そもそもアイデアはどのように生まれるのかについて、簡単なレクチャーの後に、個々人のワークタイム、そして近くの参加者同士でアイデアをシェアする時間とテンポよく時間を使いながら、短時間でアイデアを出すトレーニングが行われました。ワークショップ後には「かなり疲れた」という声がありましたが、これはとても質の高いワークショップを体験できたことの裏返しだと思います。アイデアシェアリングのときには、第1部でパネルディスカッションに登壇したメンバーも参加し、アイデアのブラッシュアップや考え方を学ぶことができました。
最後は懇親会です。進行はMicrosoft Student Partnerとして活動する我々、4名が主導しつつ、今日のワークショップで得た学びや発見を参加者全員の前でシェアする時間を作りました。

Digital Youth College ワークショップ

ワークショップ中

Digital Youth College アイデアのメモ書き

アイデアのメモ書き

自分の考えたアイデアを今後のDigital Youth Collegeでブラッシュアップしたいという意見や充実した時間を過ごすことができたなど、ワークショップに対して各々が学びを共有できた時間となりました。最後には、パネルディスカッションに登壇した6名の出場者から参加者に今後の活躍を期待する応援メッセージをもらい半日にわたるプログラムを終えました。このあとも12月14日に第2回目のアイデア発想ワークショップ「”アプリのアイデア発想力を学ぶ”ワークショップ ~社会貢献できるアプリ企画を考えよう~」が予定されています。これからもCollegeでの学びの場の活動は続きます!!

MSP (Microsoft Student Partners) /慶應義塾大学 木勢 翔太