Copyright © 2013 WDLC.
All Rights Reserved.

Digital Youth College ワークショップ
YouthSpark Live
Digital Youth College ワークショップ with IMPACT Japan
アイデアをかたちにする ワークショップ
~社会貢献できるアプリを創ろう~
開催日 2013年12月21日 (土)
開催時間 9:30~19:20 (受付開始:9:00) ※昼食・軽食含まれます
開催時間 IMPACT Japan Tokyo Center
東京都港区南青山6-13-5 ポルトポヌール402号
所在地URLhttp://binged.it/1cOWw89
概要

ITスキル、プレゼン力、アイデア発想力を学べる Digital Youth カレッジ。

今回の Digital Youth カレッジ ワークショップ のテーマは、「社会貢献できるアプリ」創り。高齢の方や障碍のある方に使っていただけるアプリを、TEDxGlobal Entrepreneurship Week Japan で経験をもつ素晴らしいファシリテーターのもとで考えてみませんか。

グループで考えたアプリのアイデアは、後半のワークショップを通じてデジタルユースアワードのアイデア部門・アプリ部門への申し込みにつなげていただきます。
尚、本ワークショップは後半、2つのコースに分かれます。
ひとつは「アプリワイヤーフレームコース(プログラミング無し)」。アイデアを発想してアプリのフレームづくりに取り組んでいただきます。プログラミングのスキルは必要ありません!もうひとつは「アプリ開発コース(プログラミング有り)」。企画したアイデアをアプリ化するためのプログラミングについて学び、設計・開発に取り組みます。「アプリ開発コース」には参加条件がありますのでご確認いただくようにお願いします。

※ Digital Youth College #02 「"アプリのアイデア発想力を学ぶ"ワークショップ ~社会貢献できるアプリ企画を考えよう~ 」に参加された方は、Section 2 から参加いただいても構いません。その際は、事務局までご連絡の上、13:00までにお越しいただくようにお願いします。

定員数 アプリワイヤーフレームコース(プログラミング無し): 30名
アプリ開発コース(プログラミング有り):10名
対象
アプリワイヤーフレームコース(プログラミング無し)
16歳以上の専門学校・専修学校・高等専門学校・大学に登録されている学生
アプリ開発コース(プログラミング有り)
  • 16歳以上の専門学校・専修学校・高等専門学校・大学に登録されている学生
  • 以下のいずれかの経験がある
    ・プログラミングを学校で習ったことがある
    ・JavaScript に触れたことがある
    ・スマートフォンアプリを開発したことがある
    ・Web サイトや Web アプリを開発したことがある
参加費 無料
備考 12/14(土)に開催する、Digital Youth College #02 が Ustreamで生配信されます。
今回のワークショップで取り組むテーマの参考になりますので、ぜひご覧ください。(アーカイブでもご覧いただけます)
http://www.ustream.tv/channel/digital-youth-project
アプリワイヤーフレームコース
  • 筆記用具をご持参ください。
  • 任意で、Microsoft Office (またはそれに類するソフトウェア)がインストールされているノート PC をご持参ください。

※ノート PC を準備できない方には、ノート PC を貸出しいたします。
ご希望の方は、事務局までご連絡ください。ただし数に限りがありますので先着で受け付けます。

アプリ開発コース
  • 筆記用具をご持参ください。
  • 当日のアプリ開発ワークショップに必要な環境を以下のとおりご準備ください。

1) ノート PC をご準備ください。
(当日にインターネットを利用するため、無線 LAN が使えるものが望ましいです。)

2)「開発環境の事前準備」 にしたがって開発環境をご準備ください。

3)「開発環境の事前準備」でインストールした Visual Studio を起動し、以下の動画チュートリアルを参考に、実際に触ってきてください。
チュートリアルhttp://digitalyouth.jp/Project/muscle/inner/index.html

※ノート PC を準備できない方にはノート PC を貸出しいたします。
ご希望の方は、事務局までご連絡ください。ただし数に限りがありますので先着で受け付けます。
またノート PC を準備できない方も、以下の動画チュートリアルは必ず視聴してきてください。

●開発環境の事前準備●

  • Windows 8.1 (OS)の環境を準備

    ※仮想環境に準備される場合は、32Bit 版をご利用ください。64Bit 版ですと パフォーマンスが落ちる可能性があります。

  • 開発ツール「 Visual Studio Professional 2013 」 を入手してインストール(DreamSpark 経由)

    ※DreamSpark のアカウント作成方法およびインストール方法はこちらをご参照ください。

    ※ DreamSpark アカウントを作成する際に、学生認証が求められます。その際は、Digital Youth メンバー登録時にお送りしている、DreamSpark 学生認証コードをお使いください。

お問い合わせ Digital Youth 事務局 (受付時間 10:00-17:00 土日祝日を除く)
info@digitalyouth.jp

主催:Impact Japan Foundation
共催:日本マイクロソフト株式会社
協賛:ウィンドウズ デジタル ライフスタイル コンソーシアム
協力:

プログラム

Section 1: アイデア発想

アプリとはどのようなもの?高齢の方や障碍のある方に使っていただけるアプリとは? どのような機能があれば使ってもらえるのか、グループで協議します。

9:30-10:30 ウォームアップ
10:30-10:45 ごあいさつ
10:45-11:15 テーマとワークショップについてご案内
11:15-12:40 ワークショップ
グループに分かれてディスカッション&アイデア企画
12:40-13:30 ランチ
Section 2: アプリワイヤーフレームコース 又は アプリ開発コース

Section 1、又は、Digital Youth College #02 のワークショップで議論した内容に基づいて、「アプリワイヤーフレームコース」と「アプリ開発コース」に分かれて、各自の作品に取り組んでいただきます。

13:30-14:30 セッション「Windows 8 とアプリの概要」
14:30-14:50 ブレーンストーミング
15:00-18:00 ワークショップ

アプリワイヤーフレームコース
企画したアイデアをアプリのワイヤーフレームに落としこむ作業に取り組みます。

アプリ開発コース
企画したアイデアをアプリ化するためのプログラミングについて学び、設計・開発に取り組みます。 開発のプロフェッショナルが皆さんをサポートします。

Section 3:発表会
18:00-19:20 発表会とクロージング(ディナー付)

※時間は前後する可能性がありますのでご了承のほどよろしくお願いします。
こちらで取り組んだ作品は、来年4月に行われる「Digital Youth Award」に応募いただけます!

講師紹介

ダレン・バルコム
起業家の新規事業立ち上げ支援を専門とする。人と人とを繋げ、テクノロジーを通じてより良い社会をデザインする社会活動家。
アルヴィン・チャン
10年間シリコンバレーで起業家支援。デザイン戦略のMBAを保持し、「人」を核としたデザインを大切に、イノベーション創出を追及している。
ジョセフ・テイム
TEDxTokyoの中心メンバー。ビデオ、写真、アプリ開発とを融合したパフォーマンス・アート等、あらゆるデジタル・メディアの創造に情熱を傾ける。

※セッションは日本語にて行います。

レポートを見る

(外部リンク)

ページトップへ戻る