Copyright © 2013 WDLC.
All Rights Reserved.

Digital Youth College
#02
YouthSpark 1周年記念
"アプリのアイデア発想力を学ぶ"ワークショップ
~社会貢献できるアプリ企画を考えよう~
Windows 8.1 搭載 最新タブレットPCを1名様にプレゼント!

昨年好評だった 『抽選会』 今年も開催!
参加者の中から1名様に、Windows 8.1 搭載 最新タブレットPCを
プレゼントします。

開催日 2013年12月14日 (土)
開催時間 13:00~19:00 (12:30開場)
開催時間

恵比寿ガーデンプレイス38F Studio 38
【当日限定連絡先】03-3441-1120 (11:30~19:00)

地図
概要

「地域の防災」「障碍者の働き方」「高齢者と医療」をテーマに「社会貢献できるアプリ」を企画します。前半は、課題解決のために日々取り組んでおられる方々を講師にお招きし、実際に起きている問題や課題を学びます。後半はアプリの発想方法を実践的に学べるワークショップを通じて、課題を解決するタブレット・アプリの企画をつくりあげます。日本は諸外国と比較しても類を見ない課題先進国。この日本から、世界に発信できるアプリ企画をつくりませんか。

本イベントは、社会貢献やソーシャルビジネスに興味がある人、アプリの発想方法を学びたい人ならどなたでも参加いただけます。

Digital Youth College #02 は女性限定での開催です。

本セミナーはオンラインでもご覧いただけます。>>

USTREAM
定員数 80名
対象 16歳以上の専門学校・専修学校・高等専門学校・大学に登録されている女子学生
参加費 無料
備考 筆記用具をご持参ください。
お問い合わせ Digital Youth 事務局 (受付時間 10:00-17:00 土日祝日を除く)
info@digitalyouth.jp
【当日限定連絡先】03-3441-1120 (11:30~19:00)

主催:ウィンドウズ デジタル ライフスタイル コンソーシアム
共催:日本マイクロソフト株式会社
協力:NPO法人ハナラボ

プログラム

12:30
受付開始
13:00-13:50
ごあいさつ

日本マイクロソフト株式会社
執行役 デベロッパー & プラットフォーム統括本部長
伊藤 かつら 氏

ジェネラルマネージャー、企業市民活動・公共政策担当
Lori Harnick (ロリー・ハーニック) 氏

第一部:準備をしよう!
Microsoft Student Partner による Windows 8アプリ開発とは?

Windows 8アプリ開発の先達、MSP たちによるアプリ開発の経験談をご紹介。続くアイディア開発ワークショップのヒントにしよう。

13:50-19:00
第二部:アイデア開発をしよう!
いま私たちのまわりで実際に起きている社会問題とは?

社会問題の解決に取り組んでいる方々を講師にお招きし、現実社会で起きている問題や課題を学びます。

それをうけて、「社会に貢献できるタブレットアプリ」 をテーマに、アイデアを発想し、 設計するまでのアプリを企画するための入門ワークショップを行います。 アイデアをカタチにしていく過程で必用なポイントを効率よく学ぶことができます。

講師陣:

「防災をキーワードに、つながる地域づくりを!」

山梨県総務部 防災危機管理課 総括課長補佐 
城野 仁志 氏

「働く力は環境次第 ―そこにある技術であらゆる人を働きやすく! 」

社会福祉法人東京コロニー 職能開発室 所長 東京都障害者IT地域支援センター センター長
堀込 真理子 氏

「高齢者と医療
 ~シニアと障碍のある方の楽しいデジタルライフを応援してください」

メロウ倶楽部 幹事 NPO法人ブロードバンドスクール協会 理事
若宮 正子(マーチャン)氏

アイデア発想ワークショップ ファシリテーター

NPO法人ハナラボ 代表理事
角 めぐみ 氏

NPO法人ハナラボ 常務理事
浜島 裕作 氏

株式会社シータス&ゼネラルプレス コーポレートコミュニケーション部 CSR革新室 室長
黒井 理恵 氏

 
最後に懇親会を実施します。

※プログラムについては当日微調整させていただきます。

講師紹介

城野 仁志 氏
山梨県総務部 防災危機管理課 総括課長補佐

1983年、山梨県庁に就職。農業後継者の育成、住民主体のまちづくり推進、こどもエコクラブ、障がい者の社会参加、地域防災などの分野で県下各地に出向き、地域の人々と共に新しいムーブメントの創造に取り組む。
2012年、東日本大震災の避難者を支援するポータルサイト「やまなし絆ネットワーク」を、日本マイクロソフト㈱の支援を得て本県関係者で構築。
地域防災では、防災ボランティア育成、防災まち歩き&手づくり防災マップ、それを用いた災害図上演習(DIG)の普及などを推進。2005年、内閣府の「災害時要援護者の避難対策に関する検討会」委員に選任され、地域福祉避難所のあり方等を提案。2012年から防災危機管理課・総括課長補佐。

堀込 真理子 氏
社会福祉法人東京コロニー 職能開発室 所長 東京都障害者IT地域支援センター センター長

大学卒業後、10年近くIT企業で花のOL生活。
その後転職した福祉の世界で、重い障碍や疾病のある方のIT教育や就労支援に携わる。

若宮 正子 (マーチャン) 氏
メロウ倶楽部 幹事
NPO法人ブロードバンドスクール協会 理事

高校卒業後、定年まで都市銀行に勤務。
退職後、母の介護の合間にパソコン・ネットワークでの交流を楽しみ現在に至る。

角 めぐみ 氏
NPO法人ハナラボ 代表理事/インディ株式会社 代表取締役

東京女子大学卒業後、IT 企業にて Web の企画制作の仕事に携わる。個人事業として独立後、武蔵野美術大学にてコミュニケーションデザインを学ぶ。2007年から武蔵野美術大学にて、「マルチメディア表現」講師。
2007年にインディ株式会社を設立。「女子学生が自分の可能性を広げ、勇気を持って一歩踏み出すこと」を応援するため「女子学生ための就活応援サイト ハナジョブ」を立ち上げる。2012年に「社会課題を解決を通して女子学生のリーダーシップを育む」NPO法人ハナラボを設立。現在は女子学生とともに、神奈川県横浜市などで地域課題の解決に取り組んでいる。

黒井 理恵 氏
(株)シータス&ゼネラルプレス CSR革新室室長

出版社勤務を経て、2006年にシータス&ゼネラルプレスに入社。大手企業のCSR(企業の社会的責任)や広報 PR のプランナー・プロデューサー業務を経て、現在は CSR コンサルタント。社内研修・ワークショップや社内外ステークホルダーダイアログの企画設計・講義・ファシリテーションも行う。CSR と対話を軸に、企業の社会課題へのアプローチや、企業人のエンパワメント(自律的・内発的に自らを力づけていくこと)をメインテーマにしている。対話を通じて未来をつくることをテーマにした NPO法人ミラツク理事、CSR に興味のある女子の会「CSR48」総監督。

このイベントに参加する

ページトップへ戻る