Copyright © 2013 WDLC.
All Rights Reserved.

Digital Youth College
#01 | "アプリのアイデア発想力を学ぶ" ワークショップ Digital Youth Award 2013 の詳細がこのセミナーで明らかに!
開催日 2013年11月9日(土)
開催時間 13:00~19:00(12:30開場)
開催時間 日本マイクロソフト株式会社
1F オープンスペース & 31F セミナールームB
所在地URLhttp://www.microsoft.com/ja-jp/mscorp/branch/sgt.aspx
概要

ITスキル、プレゼン力、アイデア発想力を学べる Digital Youth College。

記念すべき第1回目はアプリのアイデアを発想するためのワークショップ。モデレータを務めるのはソーシャルメディアのソリューション提案やコンサルを手がけるインタレストマーケティングの伊勢さん。アプリやサービスを考えるための発想方法を実践的に学べます。

基調講演には、視聴者がプレイヤーとしてテレビ番組に参加できるインタラクティブ番組として注目を集めた「BLOODY TUBE」を手がけたバスキュールの西村さんが登場。テクノロジーとデザインの融合による未来についての講演のほか、過去の Imagine Cup 日本代表や日本マイクロソフト最高技術責任者加治佐さんとの対談をお届けします。

来春に予定している Digital Youth Award の概要もこちらで発表する予定です。この機会にぜひお越しください。

本セミナーはオンラインでもご覧いただけます。>>

USTREAM
定員数 60名
対象 専門学校・専修学校・高等専門学校・大学に登録されている学生
参加費 無料
備考 筆記用具をご持参ください。
お問い合わせ Digital Youth 事務局 (受付時間 10:00-17:00 土日祝日を除く)
info@digitalyouth.jp

主催:ウィンドウズ デジタル ライフスタイル コンソーシアム
共催:日本マイクロソフト株式会社
協力:株式会社バスキュール・株式会社インタレストマーケティング

プログラム

12:30
受付開始
13:00-13:10
ごあいさつ
WDLC 事務局長 竹内 洋平
13:10-14:10
基調講演
「テクノロジーとデザインの融合で未来が変わる!
~ Imagine CupとDigital Youth Award を肌身で感じて~」

株式会社バスキュール プロデューサー 西村 真里子 氏

昨年の Digital Youth Award で審査員を務めていただいた後、ロシアで開催された Imagine Cup 世界大会にも同行された西村さん。普段から起業家を目指す学生や若者と接する機会が多いという彼女がその目で見た Imagine Cup と Digital Youth Award とはどうだったのか?気鋭のプロデューサーの視点でお話しいただくほか、 Imagine Cup 世界大会に日本代表として出場したチームとの対談を通じて、今の学生に期待することや体験談をお聞かせいただきます。

14:10-14:40
ワークショップの開催にあたって
「マイクロソフトが考えるテクノロジーの未来
~いま、学生たちに伝えたいこと~」

マイクロソフト ディベロップメント株式会社 代表取締役 社長
兼 日本マイクロソフト株式会社 業務執行役員 最高技術責任者 加治佐 俊一 氏

コンピュータを取り巻く世界は日々進化し続けています。人が手に持つデバイスは携帯電話からスマートフォンへ、タブレットというスマートフォンとパソコンの中間に位置するようなデバイスも普及し始めています。これから世界はどうなるのか?何が起こるのか?マイクロソフトが考える未来をお話します。

14:55-17:55
アイデア発想ワークショップ

株式会社インタレストマーケティング チーフディレクター 伊勢 香織 氏

「僕のアイデアを、ハッピーのために!」 をテーマに、アイデアを発想し、設計するまでのアプリを企画するための入門ワークショップ。アイデアをカタチにしていく過程で必用なポイントが詰まった、インターラクティブなワークショップは、昨年の Digital Youth College でも大好評でした。アイデアの発想方法を参加型のワークショップで学べます。

18:05-18:55
懇親会

MSP -Microsoft Student Partners の学生が取り仕切ります。

講師紹介

西村 真里子 氏
株式会社バスキュール プロデューサー

IBM、アドビ、グルーポンでのエンジニア/マーケティング経験を経て2011年より現職着任。スマートフォン上での ソーシャルネットワーキングを活用した自社サービスにて培ったノウハウや、国内外の先進事例、調査データを元に現在ではテレビ×ソーシャル、ダブルスクリーンリアルタイム視聴プロジェクトに注力。新たなデジタル体験を生み出すテレビ視聴カルチャー作りを社内外の関係者と構築している。 IBM エンジニア時代にグローバル検索システムプロジェクトにて特許取得、国際的なデジタルデザイン&テクノロジーイベント FITC カンファレンス審査員経験、TEDxTOKYO yz スピーカー経験保有。

twitterリンク@mariroom
加治佐 俊一 氏
マイクロソフト ディベロップメント株式会社 代表取締役 社長
兼 日本マイクロソフト株式会社 業務執行役員 最高技術責任者

1989年にマイクロソフト株式会社に入社。
以来、OS/2、Windows NT、BackOffice、Windows 98から Windows Vista など、マイクロソフトの中核を担ってきた数々のプラットフォーム製品の日本市場における開発を統括。 マイクロソフト プロダクト ディベロップメント リミテッド(現 マイクロソフト ディベロップメント株式会社)次席代表 兼 ウィンドウズ開発統括部部長を経て、2006年10月よりマイクロソフト株式会社最高技術責任者を担当。2010年4月よりマイクロソフト ディベロップメント株式会社 代表取締役社長としてマイクロソフトの技術革新をリードすると共に日本マイクロソフト株式会社においても業務執行役員 最高技術責任者を兼務し、日本市場への技術開発を統括している。

伊勢 香織 氏
株式会社インタレストマーケティング チーフディレクター

2006年、東京音楽大学(音楽教育専攻)卒業。学生時代より全国規模の団体の立ち上げや書籍執筆に従事。 卒業と共に株式会社マクロミル入社。リサーチディレクターとしてインターネットリサーチの実査を担当しながら社内教育プログラムや新規サービスの立ち上げに従事。2度の部門MVPを経て2009年営業に異動。トップ成績を納め、異動半年で全社MVPを受賞。2011年、新規事業開発室(後、株式会社エムワープ)に異動。 スマートフォン・SNS 分野の新サービス・新アプリケーションの企画/開発ディレクションを経験。 現在、株式会社インタレストマーケティング チーフディレクター。

参画した代表的なアプリケーション
主にiOS:『Kolor』『POPCORN Salt』『Whim!』『おれんじ鉄道で行こう!』
Windows ストアアプリ:『小倉百人一首の世界』など多数

レポートを見る

ページトップへ戻る